各診療部門・設備のご紹介

ホーム > 設備のご紹介 > 検査装置

設備のご紹介

体外衝撃結石破砕装置

体外衝撃結石破砕装置  当院では2002年より甘木・朝倉地区では唯一、腎臓結石、尿管結石、膵臓結石に対して体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を行っています。結石の位置と大きさにもよりますが、基本的には短期間の入院で治療を行うことができます。
 2014年3月に機器をドイツ ドルニエ社製の体外衝撃波結石破砕機 「ドルニエ デルタⅡ(Dornier DeltaⅡ)」に更新しました。本装置(ドルニエ デルタⅡ)は、強力で安全な結石破砕機能を備えており、膵臓結石に対する治療でも、結石破砕機として唯一の保険適応機*となっています。* (2014年3月 現在)

骨密度測定装置

骨密度測定装置  ちょっとしたスポーツや軽い衝撃で簡単に骨折してしまう「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」。高齢者、特に閉経後の女性に多く見られる症状です。この装置は短時間(30秒)で精密な検査を行い、骨密度を測定します。